花粉症に効くお茶

重度の花粉症の僕が、現在飲んでいるお茶!

花粉症に効くお茶をお探しのあなたへ。

 

止まらないくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ・・・
この時期辛いのが花粉症ですよね。

 

花粉症に効くと言われているお茶はいくつかあります。
代表的なものを挙げると以下のものがあります。

 

花粉症に効くお茶

  • 甜茶
  • 緑茶
  • なた豆茶
  • ルイボスティー
  • べにふうき
  • しそ茶
  • ハトムギ茶
  • グァバ茶(シジュウム茶)
  • えぞ式すーすー茶  (←コレが一番よく効いた!)

 

 

重度の花粉症に悩む僕は、なんとか自分の花粉症に効くお茶はないものかと、
これらのお茶を実際に飲んでその効果を試してみました

 

どのお茶が花粉症に効くかは、その人の体質によっても異なるので一概には言えませんが、
僕の場合はなんと、えぞ式すーすー茶というお茶が意外にも一番よく効きました。

 

実際に試したレポートを以下にご紹介します。

 

 

 

■ 甜茶

 

僕が試したのは、ORIHIROというメーカーから発売されている「甜茶」。
ノンカフェインでバラ科の甜茶100%を使用しているとのこと。

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

実際に飲んでみると、意外にもちょっと甘いのです。
初めて甜茶というものを飲んだのですが、もっと苦いものかと思っていました。
甘くてとても飲みやすいお茶でした。

 

鼻水、鼻づまり、目のかゆみといった花粉症への効果ですが、
続けて3日目くらいにわずかに効いているような気がしました。

 

それまで完全に詰まっていた鼻のとおりが、若干良くなっているような気がしました
もちろん気のせいってのもあるかもしれませんが、飲み続ければ、目、鼻のアレルギー反応は
若干弱くなるような気がします。

 

 

実感した花粉症の改善効果

 

 

 

■ 緑茶

 

日本人なら誰しもが飲みなれている緑茶。
今回試してみたのは、ハラダ製茶株式会社から発売されているやぶ北ブレンドの緑茶です。

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

僕は普段あまり緑茶を飲まないので久しぶりに飲みました。
よく知っている味です。普通の緑茶って感じです。

 

花粉症への効果ですが、効いているのか効いていないのか、自分でも分からない感じです。
しばらく飲み続けてみましたが、目、鼻のかゆみ、鼻づまり、鼻水は相変わらずでした。
僕のアレルギー症状は相変わらずでした。

 

実感した花粉症の改善効果

 

 

 

■ なた豆茶

 

山本漢方から発売されている白刀豆(なたまめ)茶を試しました。
なた豆には赤と白があるらしいのですが、おそらくこのお茶は白なのでしょう。

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

箱を開封したときから、すごい豆の香りがします(笑)
節分の時に撒く豆の香りです。
なた豆茶を飲んでみましたが、大変香ばしい香りがするお茶でした。

 

口内炎、口臭などにも効果的とされるなた豆茶ですが、
花粉症に効果があるのかどうかは疑問なところ・・・。
実際に数日間飲み続けてみましたが、これといった変化はありませんでした。
目のかゆみ、鼻のむずむずは相変わらずです。
飲む前と比べてもほとんど何も変わりません

 

実感した花粉症の改善効果

 

 

 

■ ルイボスティー

 

ルイボスティーというのは、健康にいいということで最近、女性の間でも流行っているお茶でもあります。
使用したのは、伊藤園の「ヘルシールイボステー」です。
余談ですが、カフェインゼロでルイボスポリフェノール3000mgということらしいです。

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

ちょっと赤みのある茶色で色鮮やかなルイボスティーでした。
色鮮やかだったので甘いのかな?と思っていたのですが、甘さはありません。
特に苦いわけでもありませんが、ちょっと変わった味です。

 

アンチエイジングや美肌に良いとされているルイボスティーですが、花粉症にも効くというウワサでした。
実際に数日間飲み続けたのですが、僕の鼻水、くしゃみ、鼻づまりは相変わらずガンコでした。
効果がある人にはあるかもしれませんが、ほとんど効果は感じられませんでした。

 

実感した花粉症の改善効果

 

 

 

■ べにふうき

 

緑茶に分類されるべにふうきです。
今回試してみたのは、Jかごしま茶業という会社から発売されている「べにふうき緑茶」です。

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

見た目は緑茶となんら変わりがありません。
実際に飲んでみましたが、味はほぼ緑茶と同じでした。

 

べにふうきにはメチル化カテキンという成分が含まれており、
この成分が目や鼻のアレルギー反応の鎮静化に効果的と言われています。

 

数日間飲み続けてみたところ、確かに目のかゆみ、鼻水、鼻づまりの症状が
若干ではありますが、和らいでいる感があります。
もちろん、アレルギー症状が完全に治まるわけではありませんでしたが、
ほんの少しだけが若干緩和されているのが分かりました。

 

実感した花粉症の改善効果

 

 

 

■ しそ茶

 

OSKフランチャイズグループというところから発売されている紫蘇葉茶をためしました。
テーバックでお茶を作るのですが、お湯を注ぐ前から紫蘇の香りがすごくしました。

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

お茶のほうですが、色は赤っぽい茶色。
紫蘇の良い香りが漂い、味はちょっと甘酸っぱい感じもします。
女性が好きそうな味でした。

 

この紫蘇茶も花粉症に効果があると言われているので試してみたのですが、
数日間飲み続けてみても症状は全然変わりませんでした。
ガンコな鼻づまり、鼻水、目のかゆみはいっこうに治まりませんでした。

 

実感した花粉症の改善効果

 

 

 

■ ハトムギ茶

 

はと麦茶も花粉症に効果的と一部では言われているので試してみました。
株式会社明和から発売されている「国内産はと麦茶」です。

 

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

はと麦と普通の麦の違いはよく分かりませんが、味は普段飲みなれている麦茶そのもの。
味のほうも普通の麦茶でした。

 

どこかのサイトでハトムギ茶が花粉症にも効くということで、
試しに飲んでみたのですが、残念ながら僕には全然効きませんでした。

 

実感した花粉症の改善効果

 

 

 

■ グァバ茶(シジュウム茶)

 

山本漢方というところから出ている「シジュウム グァバ茶」を試しました。

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

香りはすーっとハッカのような香りです。
グァバ茶ってのはこれまた生まれて初めて飲みましたが、
ハーブティーのような感じで飲みやすかったです。

 

グァバ茶にはポリフェノールが含まれていることからダイエットに効果的とされていますが、
一部情報ではアトピーや皮膚炎といった炎症の抗炎症作用、さらには花粉症にも効果があるとのこと。

 

期待して実際に数日間飲み続けてみたのですが、僕の花粉症の症状はほとんど変化なしでした。

 

実感した花粉症の改善効果

 

 

 

えぞ式すーすー茶 ←これが僕にはヤバいほど効いた!

 

えぞ式すーすー茶というのは商品名です。
甜茶、赤シソ、熊笹などの葉っぱが混合された混合茶になります。
北の達人コーポレーションという会社から発売されている商品になります。

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

見た目はちょっと茶色がかった色です。
味はどちらかといえば甜茶に似た味でした。

 

このお茶をなぜ、僕が試したかと言えば、たまたま母親が飲んでいたからです。
母は昔からアレルギー性鼻炎がひどく、頻繁に病院に通っています。
そんな母親が最近飲み始めていたのがこのお茶でした。

 

たまたまキッチンで見かけたので、モノは試しにと飲んでみたのですが、
これが凄かったです!

 

鼻水はジュルジュル、酷い鼻づまり、強烈な目の痒みに悩まされていた最中に
このお茶を飲んだのですが、飲み干して10分くらい経過すると、
なんとあの強烈な鼻づまりが緩和されていて、鼻で息ができるのです

 

放っておけばダラダラと流れ落ちる鼻水もダラダラ出なくなっていたのです!
目の痒みも緩和されていていました。

 

もちろん、花粉症のアレルギー反応が完全に治まったわけではありませんが、
このお茶を飲むと、花粉症の症状が明らかに改善されます!

 

一番期待していなかったお茶だったのに、効果は他のお茶と比較すると圧倒的でした!

 

以来、僕は毎日このお茶を飲んでいます。
とにかく凄いのは、飲んで10分くらいすると、鼻水、鼻づまりがかなり良くなる点です。
僕の場合は、即効性を感じることができます。

 

人によって体質は異なりますから、効果の表れかたはそれぞれだと思いますが、
僕にはこのえぞ式すーすー茶がすごく合っていました。

 

今では朝、昼、晩の食事に欠かさず飲んでいます。
ペットボトルに入れて持ち運んでいて、いつでも飲めるようにしています。

 

花粉症に効くお茶!※僕はこのお茶に救われました!!

 

それまで、花粉症の症状がつらくて我慢できない時は、鼻炎薬を服用していた僕でしたが、
このえぞ式すーすー茶を飲み始めてからは、薬は一回も服用していません。
このお茶で症状が和らぎ、薬を服用しなくても楽に過ごせるからです。

 

どうやらこのお茶は、そもそも鼻炎で悩んでいる人に向けて開発されたもののようですね。
僕と同じように酷い花粉症で悩んでいる人は、このえぞ式すーすー茶を試してみる価値はありますよ!

 

 

※えぞ式すーすー茶の販売サイトはこちら→

 

 

今の時期は、注文が殺到しているようなので、
在庫切れにならないうちに入手しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

実感した花粉症の改善効果

その他、花粉症に有効とされるハーブティー

体内に侵入した花粉を排除するために、体内では様々なことが起こります。
ヒスタミンが過剰に分泌され、涙や鼻水、さらにはくしゃみや鼻づまりなどを発症します。
この一連の反応を花粉症と呼びます。

 

花粉症の症状を改善するために、生活環境や食事を改善する方もいらっしゃいますが、
ここでは、特に花粉症に効果があるとされている4つのハーブティに注目します。

 

 

カモミールティー、ネトルティー、エキナセアティー、ミントティー、
この4つのお茶について詳しく見ていきましょう。

 

 

■ カモミールティーの成分と効果

 

カモミールは白い花びらに黄色い花托をつけるヨーロッパからアジアにかけて世界に広く分布する一年草です。
花の黄色い部分に含まれる成分が有効であるとされています。
ハーブティーには主に花の部分を使用します。
カモミールティーの効果としては、消炎作用、抗炎症や、鎮静作用、消化促進作用であるとされています。

 

花粉症の辛い症状である鼻づまりに、穏やかに作用すると考えられます。
キク科の植物にアレルギーのある方は、摂取を控えましょう。
カモミールの有効成分であるカマズレンは、抗ヒスタミン作用に効果が高いとされています。

 

 

■ ネトルティーの成分と効果

 

ネトルは和名をセイヨウイラクサと言い、葉っぱに細かいトゲのある多年草です。
ヨーロッパからアジアにかけて分布しており、アンデルセンの童話「白鳥の王子」にも登場します。
ネトルティーの効果としては、抗アレルギーや利尿、造血であるとされています。
花粉症の原因であるアレルギー症状に働きかけると考えられます。
妊娠中や、子どもが飲用する際は、適切な量の摂取を心がけましょう。
ネトルの主成分であるクロロフィルは浄血作用に優れ、アレルギーや花粉症の改善に
役に立つとされています。

 

 

■ エキナセアティーの成分と効果

 

エキナセアはピンク色のハリネズミのような花を咲かせる北アメリカが原産の多年草です。
「インディアンのハーブ」と呼ばれ、先住民が万能薬として活用してきたと言われています。
ハーブティーには、主に根や地上部が使われます。
エキナセアティーの効果としては、免疫賦活作用、抗ウイルス作用、抗感染症作用とされています。
また、抗菌作用もあることから、花粉症以外にも、風邪、インフルエンザ、下痢、膀胱炎などに
効果があるようです。
キク科の植物にアレルギーを持つ方は摂取を控えましょう。
エキナセアは、抗菌作用を持つエキナコサイドや、ストアインサンなどポリフェノールを多く含みます。
活性酸素を取り除く作用があることから、花粉症の症状改善にも有効とされています。

 

 

■ ミントティーの成分と効果

 

ミントには様々な種類がありますが、ここでは特にペパーミントティに注目します。
ヨーロッパを原産とする多年草で、シソ科の植物です。
ハーブティーには主に葉の部分を使用します。
ペパーミントティーの効果としては、殺菌作用、発汗作用、鎮静作用とされています。
強い殺菌力から、花粉症以外にも食中毒に対して有効であるという情報もあります。
幼児への使用は、控えましょう。
ミントの主成分であるメントールは、抗菌や鼻づまりの症状の改善に効果的です。

 

 

まとめ

以上、花粉症の症状や原因に効果があるとされているハーブティ4選をご紹介しました。
薬剤での治療とは異なり、ハーブティーはその効果を穏やかに発揮するとされています。
少しずつ普段の生活に取り入れて、体質改善に取り組みたい方にはぴったりの方法かもしれませんね。

花粉症は秋にも起きる!?花粉症を引き起こす花粉の飛散時期

花粉症は主に春に症状が悪化する方が多いと思われているようですが、必ずしもそうとは限りません。
花粉症を引き起こす花粉には、秋に飛散するものもあるようです。

 

 

花粉症に悩まされている方は、自分がどの花粉に対してアレルギーを
持っているのか把握することで、予防や対策方法をとることができます。
ここでは、花粉症の種類や、ピークの時期、飛散時期について見ていきましょう。

 

 

8つに分類される日本の主な花粉

環境庁によると、日本の国土で見られる花粉症を引き起こす花粉については、
大きく8つに分類することができます。
ハンノキ、スギ、ヒノキ、シラカンバ、イネ、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラの8種類となります。

 

一般的に、最も多いとされるのは、スギ花粉が原因とされるスギ花粉症です。
その他、樹木による花粉としては、シラカンバ、ハンノキ、オオバヤシャブシ、ケヤキ、コナラ、クヌギ
などとされています。

 

草本による花粉としては、イネ科のカモガヤ、キク科のブタクサ、ヨモギ、アサ科のカナムグラがあるようです。
どの季節に症状が出るかで、原因の花粉をある程度特定することは可能ですが、
医療機関でアレルギーチェックを受けて、自分がどんな物質に対してアレルギーを
持っているのか総合的に診断してもらうこともオススメです。
この場合、エビやカニなど、食品アレルギーについても調べてもらえます。

 

 

花粉のピークと飛散時期

比較的春に症状が出る方は、スギ、ヒノキ、ハンノキなどが原因であると考えられます。
スギやヒノキは、2月から5月が花粉のピーク時期とされています。
ハンノキは、3月から4月がピークとなります。

 

初夏に症状が出るという方は、シラカンバ、イネなどが原因であると考えられます。
シラカンバは4月から6月、イネは5月から6月がピークであるとされます。

 

また、秋に症状が出るという方は、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどが原因であると予想されます。
これら草本による花粉は、8月から10月がピークであると言われています。
暑さが落ち着いてから、スギの花粉が再度少しずつ飛ぶという情報もあります。

 

 

まとめ

花粉のピークと飛散時期については、住んでいる地域によっても異なります。
北海道や沖縄など、スギがほとんどない地域ではスギ花粉症は見られません。
一方、シラカンバ花粉症は北海道や標高の高いエリアで見られやすいなどといった特徴もあるようです。

 

私たちの生活を取り巻く環境には、一年を通じて、何かしらの花粉が飛散しています。
ご自身がどのようなアレルギーを持っているのか把握することから、対策を始めてみましょう。